アトピーの原因は免疫機能の過剰反応

アトピーの原因

アトピーはアレルギーの一種

アトピー性皮膚炎はアレルギーの一種で、免疫がアレルゲンに過剰反応して起こる皮膚の症状です。左右対象に出ることが多く、生後6カ月の赤ちゃんから大人まで発症する可能性があります。

皮膚に湿疹や炎症、かゆみなどが起こるため、発症している肌は乾燥気味になり、掻いてしまうことで皮膚がポロポロと落ちていってしまうこともあります。角質がささくれだってきてしまうと乾燥が進み、そのままにしているとどんどん悪化していってしまうため、肌のバリア機能を回復させることも大切です。

もともとアトピー・アレルギー体質な人や肌のバリア機能が低下しているときにアレルゲンに接触することが、発症の原因となりますが、過度なストレスや疲労なども症状の悪化を招くといわれています。


アトピーの悪化の原因「活性酸素」対策に水素水がいい!

アトピーの悪化の原因

アトピーは活性酸素で悪化する

アトピーの主症状である湿疹や炎症、かゆみは、活性酸素を大量に発生させます。活性酸素はたくさん発生すると、本来カラダを守る機能であるべき働きが、過剰に反応するようになってしまいます。これが、アトピーを悪化させる原因にもつながっていきます。

活性酸素は、アトピーの症状が出ているところだけでなく、普段の呼吸で得られる酸素からも生み出されています。また、強いストレスを感じることで、活性酸素は増えるともいわれているため、アトピーに悩んでいるときにはより活性酸素を作り出しやすい状態にあるといえます。

ひどいアトピーに悩まされている人は、まず活性酸素を除去することで、悪化を防ぐことが大切です。

活性酸素の除去に便利な水素水

分子の大きさが小さい水素はカラダの至るところに入り込んでいくことができます。アトピーの症状がでている部位へも、血液や細胞内などさまざまなところで活性酸素を除去し、水になって体外への排出を促します。

水素水は、アトピーの原因そのものの治療はできませんが、症状の悪化を防ぐサポートが可能です。使用に注意が必要な、アトピーケアの代名詞、ステロイドなどよりも、副作用のない水素水はカラダにもやさしいケアができるとして大きく期待されています。


水素水でアトピーケアの第一歩を踏み出そう

水素水の抗酸化作用はアトピーケアにも使えるかも?!

アトピーを悪化させてしまう活性酸素の除去には、抗酸化作用があり、悪玉活性酸素だけを除去してくれる水素がたくさん入った水素水が効果的です。アトピーの根本的治療とはいきませが、症状の悪化を防ぎ、ケアの第一歩を踏み出すためにはおすすめのアイテムだといえます。

ケアのサポートに使える水素水ですが、やっぱりおいしさにもこだわりたいですよね?おいしい水素水の情報はこちらのランキングで見てみましょう。

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ