アレルギーはどうして起こるの?

アレルギーの原因とメカニズム

アレルギーの原因とメカニズム

アレルギーは、アレルゲンとなる物質が体内に入り、免疫システムを刺激してしまうことで、さまざまな不快症状が出るカラダの反応の1つ。免疫機能は、ウイルスから身を守ったり怪我を治したりといった人のカラダにとって重要な機能ですが、それが、過剰に反応してしまうことでアレルギー症状を引き起こします。

アレルゲン物質である花粉や食べ物が体内に入ってきたときに、免疫機能がIgEという外部から入ってきた物質に対する抗体を作ります。そのIgEという抗体が肥満細胞にくっつき血液のなかを泳ぎだします。そこにまた、同じアレルゲン物質が入り込んでくると、IgEがその物質に反応して、免疫反応を作動させます。

免疫が反応し始めると、IgEがくっついている肥満細胞は炎症などを起こしてアレルゲン物質を体外へ排出しようとします。このとき、炎症症状を引き起こしているのが「ヒスタミン」と呼ばれる物質です。この物質によって、アレルギー症状と呼ばれる、かゆみや肌の乾燥、息切れなどが起こります。これがアレルギーのメカニズムです。


水素水とアレルギーのつながりは「活性酸素」

水素水とアレルギーのつながりは「活性酸素」

アレルギーによって活性酸素が発生する

アレルギー反応が起こり、炎症やかゆみなどの症状が現れた部分は、活性酸素が多く発生するという特徴があります。活性酸素が発生することでさらに炎症などが広がり、アレルギーによる症状を悪化させてしまうこともあります。

活性酸素が、アレルギーを招くわけではありませんが、症状を悪化させてしまうため、できるだけその発生はおさえたいところです。悪化すればするだけ、治りも悪くなり、より免疫細胞を自滅させていってしまいます。本来の機能を取り戻し、過剰反応させないようにするためにも活性酸素の除去は必要だといえます。

水素水の抗酸化作用で免疫の自滅が防げる

活性酸素といえば、水素水の抗酸化作用がピッタリです。活性酸素を除去し、体外へ排出するよう促してくれる水素の力がつまった水素水がアレルギーケアに効果が期待できるといわれているのはこのためです。

アレルギーの悪化を招く活性酸素を取り除くことができれば、免疫機能が自滅しようとしていくのを防ぐことにつながります。水素水の抗酸化作用で、免疫を守ってあげられたら、つらい症状も緩和される可能性は高いといえます。


水素水で免疫細胞を保護してアレルギー症状を和らげよう

期待が高まるアレルギーへの水素水の効果

アレルギーが起こる原因や症状が現れた部分で発生する活性酸素など、メカニズムを知ることで見えてきたのは水素水の効果への期待です。アレルギー自体の発生を食い止めることはできませんが、症状の悪化を防ぐ1つの手段として水素水は便利で手軽な方法だといえます。

免疫細胞を保護して、アレルギー症状を和らげられる効果に期待が集まる水素水はどんなものが人気なのか、こちらのランキングでチェックしてみませんか?

水素水ランキングはこちら水素水ランキング

こちらもご参考にどうぞ。

TOPへ